簡単!薄毛の悩みを解消する方法

30代になると、男女問わず薄毛が気になりはじめる方が多くなると言われています。
そこで、簡単にできる薄毛の悩みを解消する方法を2つご紹介させていただきます。

 

まず、1つめは洗髪時に気をつけていただきたいことですが、シャンプーやリンス、トリートメント等、洗浄料をしっかりと洗い流すこと。というのも、シャンプーに関しては気をつけておられる方が多いのですが、髪に香りを残したい、という理由から、特に女性はリンスやトリートメントをきちんとすすがないという方が結構いらっしゃいます。

 

ですが、これは逆効果。毛穴に汚れが詰まっているのと同じことで、結果的に薄毛の原因につながるようです。

 

2つめは、どの部分の薄毛にも有効なのですが、特に生え際の薄毛が気になる、という方に取り入れやすいテクニックとしてアイブローペンシルで書き足すという方法です。コツは、黒髪の方でも絶対に黒色を選ばないこと。

 

グレーを選ぶのが正解です。アイブローペンシルの黒は意外と色味が強いので、浮いているように見え、かなりわざとらしくなるからです。カラーリングしている方は、できるだけ自分の髪色に近めの色を選ぶといいでしょう。

 

ブラウン、といっても今はさまざまな色味があるので、店頭で試してみるのも一案です。色味さえ髪色になじんでいれば、わりと太めの線で書き足しても違和感はありませんし、指でぼかすことで不自然になりません。

 

この2つのテクニック、簡単だけど、意外と効果を期待できます。
ぜひ、試してみてください。

 

家でもできる傷みにくく長持ちさせる方法

 

髪を切ったときは調子が良いけど、しばらく美容院に行ってないと髪がだんだんと傷んできて、まとまりにくかったり、絡んできたり、切れてしまったりしてしまったことはありませんか?
髪はとてもデリケートなのでしっかりとケアをしてあげないとすぐに傷んでしまうのです。
傷んでしまったら切るとマシになりますが、できれば切りたくないですよね。。
そんなときは家でもしっかりとケアをしてあげましょう。
そもそもどんなことで髪は傷んでしまうのでしょうか?

 

「髪の傷みは何が原因?」

髪が傷む原因はカラーリング、アイロンなどの高温、普段のシャンプー、ドライヤーなどの熱風による乾燥、生乾き時の摩擦での痛みなどなど。。
そうなんです、何をしても髪は傷むのです。
それだけデリケートな髪の毛。髪の毛には紫外線に当たるだけでも負担がかかってしまうほどなのです。
でも、これをすべて改善は難しいですよね?
お風呂に入らなきゃいけないしドライヤーを掛けてもかけなくても傷むとか・・・
せめて傷みにくくすることで髪のダメージを最小限に抑えてあげれば髪にも優しく、カラーなどにも負けない髪になれます♪

 

「今すぐ実践できる、日常でのケア」

まずはドライヤー、ドライヤーは直風は乾燥して痛むので少し離れた位置で乾かす。
できれば手櫛で整えてあげることで摩擦による痛みも抑えられます。
濡れたまま寝ることはとても傷む原因になるのでしないように気を付けましょう。
痛みが酷いときはヘアオイルなどを使用するとドライヤー、アイロンの熱による保護もでき、摩擦の刺激も軽減されてお勧めです。

 

生活習慣でも髪は痛みます。
髪の毛も生きているので、夜更かしや無理なダイエットをしすぎてしまうと髪の毛がすかすかの栄養が無い状態に・・・
健康に気を遣うことも髪の毛にとっても大事な事ですよ♪

 

家でも傷みにくくするためにしっかりとケアをしてあげて綺麗な美髪を保ってください♪